歌を練習する方法 その1

ども! ここ最近風邪をひいて大変なことになちゃったCOCOMITEです。

元気にしてますか〜? COCOMITEは最悪でした…

さて、今回は歌を練習する方法を紹介しようと思います。

今回のは 歌を練習するときに1つの音をゆっくりと

確認が出来る方法になります。

とても簡単です!

続きに書きますので気になった人はみてね♪

見てくれてほんとにありがとう〜♪

それでは説明します。

COCOMITEも昔からやっている方法ですが、

1音1音をスタッカートして音を確かめます。

スタッカートがわからねぇ〜!って聞こえてきそうなんで
書いときますが、

歌のすべての部分を一音ずつ切って歌います。

通常はそうやって使わないですけど…

なぜそんなことをするのかと言うと

練習するときに音を正確に覚える為に1つずつ覚える為です。

では何故正確に覚えないといけないのか?

それは、音痴の人の大半は自分の思った音と
発声しているときの音を上手く合わせられてないのが原因です。

知ってますか?己を知ることからです!笑

↑の考えならば1番に鍛えるべきところはどこでしょう?

答えは耳です。

ここさえしっかり時間をかけて
ならせば、次に歌のテクニックや発声につながります。

え〜?直ぐにでも直したいんですけど〜!

と思ってる人は
僕のブログじゃ役に立たないかもしれません!笑(オイオイ…)

あなたの為に言いますが、音痴と言うのは鍛錬が必要です。
相手があなたの体ですから…

1日2日ですぐ簡単には直ったりすることはありません
(あくまで僕の考えですけどね♪)

やり方によっては一時的に直すことは出来ますけど…
僕は絶対やりませんので〜笑

しっかりと少しずつやっていくことが良いです♪

ちょっとずつやるから歌がうまくなるんです!

音痴ではない普通レベルの人は

そこが出来てないから、普通レベルなので〜笑

色々な土台を増やすことによって歌い方や発声方法

表現方法にピッチ、リズムを上手く使えるようになるので♪

その為に1音1音をしっかりと覚える!

と言うことが重要です

長い文章でゴメンネ! 最後まで読んでくれてありがとう!

COCOMITEでした。

声にハリと伸びを与える「ビューティーボイストレーナー」




posted by cocomite at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 上手に歌うコツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文損を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

音程をつけて発声
Excerpt: ♪誌上カラオケ教室( 音程をつけて発声 )  昨日やった、ぼやけたヒソヒソばなしのような声で、「フーファーーー・・  ・」と、やったものに音程をつけてみましょう。  ハーモニカでも電..
Weblog: カラオケ大好き!
Tracked: 2006-10-26 14:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。