発声法『アヒル口発声法』 後編

ども〜♪ COCOMITEです。

皆様連休はいかがお過ごしでしたか?
cocomiteは叔父の別荘(長野)へ行っておりました。

ただ帰ってきたら温度の違いに体が順応しません〜
クーラーさんがフル稼働です!笑

本日は、
発声法『アヒル口発声法』 後編で〜す♪

待っててくれた?

もし、待っててくれる人がいるならうれしいなぁ〜

そんなあなたの為に今日も頑張って書きます!!

内容は続きを読んでね!!

初めて見た人は前編を読んでからね!


続きを読む  前にお願いします。

続きを読んでくれてありがとね♪

それでは、アヒル口発声法 実践編 説明しちゃいます!

前回は
歌っているときは子音が
影響して響きが無くなってしまう
説明を書きました。

どうしたら響きが良くなるでしょうか?

それは『口角を上げることです』

口角とは何でしょ?→上唇と下唇の左右両方のつなぎ目部分のこと

口角を上げると言うのは簡潔に言うと↓

音楽の授業の時に音楽の先生が口を大きく開けましょう!
と言っていたことをあなたは憶えてますか??

そう!あれのことです。

えー・・・・・・・

『なんじゃい!』って思った?

でもただあけるだけじゃないです! ( ̄∀ ̄*)ニヤり☆

あけ方は

乾燥してると唇の端っこ切れるよね!
そこの部分を上にクッと上げる感じ


写真とかだと雑誌モデルの笑い方が参考になると思います。

音楽の授業のときの口をあけるという本当の意味は

僕にとっては昔の話になりますが

今、学生の人は、ラッキーですよ。お得だよ〜!

COCOMITEが本当に理解したのは数年後だったね… 凹むよ


cocomite流 口角の上げ方練習方法教えます。

まず人差し指を鼻の下へおきます。

そして、上唇と鼻で指を挟み込む!

そうするとアヒル口が完成♪

声の出し方は
人差し指を意識するように声を出してみてください! 

そうすると歌の通り道がしっかり出来上がるようになります

不自然で形が悪いですが慣れてくると指もいらなくなるし
アヒル口もちょびっとになります。

最初はオーバー気味がよいって事で!

それでは また今度会いましょう!!

「音痴を直すのは実は簡単。91%の人が知らないだけ」

誰にも知られずたった14日間で音痴を克服した音痴矯正の方法とは?


posted by cocomite at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上手に歌うコツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文損を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。