悩んでます! 

こんばんわ♪ 

あなたが僕の活性剤 cocomiteです
(ウザイのは承知です!)

悩んでます。

オイオイ!
冒頭からそれかよ! 

ただ良い悩みです。

前の記事にて『歌を意図的にうまく歌うのには?2』書いてから

cocomite流の歌のポイントを解説しようと
曲を使ってあーだこーだ書こうと思ってましたが

どの曲でやるべきか?

うーん困った… てなわけです。

これを読んでくださるそこの
あなた!!
お願いがございます!!


どの曲が良いか コメントほしいな〜?お願いだよ〜♪

はい! 他力本願発言〜!

ぜひぜひコメントお待ちしてます!

それではまた会いましょう!


ブログランキング第38位なった〜♪ホントにみんなありがとう!



あなたが短期間で音痴を直したいのなら読んでみて

「音痴を直すのは実は簡単。91%の人が知らないだけ」

誰にも知られずたった14日間で音痴を克服した音痴矯正の方法とは?


posted by cocomite at 17:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | 上手に歌うコツ
この記事へのコメント
ブログにコメント、クリックありがとう!
私もクリックしていくね!!
歌が上手になると本当にいいですよねー。
私の友達に超音痴の人がいて、(聞いた事はある)普段カラオケ行っても絶対歌わない。聞くだけ。
お友達には、ここで紹介してある。音痴が直る教材買って練習してみて欲しいものです。
Posted by 音楽勉強中のりえ☆ at 2006年07月12日 19:46
<りえさん
コメント&応援クリックありがとうございます!

お友達も1歩踏み出してくれると良いですね!

そういった人が

直らないという気持ちじゃなくて

直そうと意識を持ってくれるだけでも

良いと思って僕は無料奉仕してます 笑!

教材関しては、
僕自身がしっかり読んで、
一時的ではなく直った後も使うと良いものを紹介してます!
Posted by cocomite at 2006年07月12日 22:54
例えば、音痴じゃなくて、歌がそこそこ歌える人にも効果的な教材でしょうか?!
私ももっと歌が上手になりたいんですが、音楽教室の先生にカラオケで歌ったのを録音したんで、聞かせたら
「歌上手ですねー!」とか言われたんですが、プロ並にうまい訳じゃなくて、カラオケの点数が良い程度であと一歩ダメなんです。
近々歌も習う予定ですが…。
どの程度歌えるレベル位までに対応しているんでしょうか。
Posted by りえ at 2006年07月15日 12:02
りえさん どうも〜♪

歌上手ですねと言われるぐらいなら必要が無いかもしれませんね〜。

この教材は、音痴矯正なので表現方法がとても簡単になってます。
(良くで考えれば応用もできます)

基本を見つめなおして現在行っているトレーニングなどと同期させていくと良いかもしれないですね

全体的なレベルとしては初級〜中級ぐらい

上手だと言われる程度だとテクニックは紹介されてないので教科書みたいなものですね。

ただ金額がやはり1万円を越えてしまうので
基本的な事を勉強してあるのならいらないかも知れません。

こんなコメント
太一さんには悪いですけどね…

音楽教室の先生に上手いって言われるぐらいのりえさんの歌、
聞きたいな〜♪、聞きたいな〜♪
Posted by cocomite at 2006年07月15日 14:28
色々ありがとうございます!
そうか〜。音痴矯正用なら、やはり音痴の人が使うのが一番なんでしょうね。
友達に教えたらちょっと興味持ってましたよ。
友達はキーが合ってなくてもそれすら気がつかないんです。
私が友達の歌を聞きながらキーをあわせてあげたりします。
歌もすぐ音がはずれるから、ところどころ私も横で歌ってあげるんですが、それでもたまーにしか合わない・・・。

「ドレミファソラシド」も、まともな音で言えないんです。(音がはずれてる)
こんなんでも大丈夫なんでしょうかねぇ…。

私は歌が上手な人から見たら全然ダメなんですよ。

先生は、今まで真面目に習った事とかない割には上手だと思っただけだと思いますよ。

あ、昔地元で2ヶ月だけ習った事があり、そこの先生にも「初めて習う割りには上手ですね」と言われました☆

人に聞かせても大丈夫位まで上達したら
いつかWeb公開でもしてみよ…。
その時はぜひ聞いてください。

応援して帰りまーす♪
Posted by りえ at 2006年07月17日 00:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文損を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。